瑞泉寺

瑞泉寺

瑞泉寺(ずいせんじ)は、中京区、三条通から木屋町通を20メートルほど下ったところにある浄土宗西山禅林寺派のお寺です。

京都の豪商、角倉了以が、豊臣秀吉に逆族の汚名を着せられ、果ては切腹を命ぜられた、豊臣秀次とその一族および、それに殉じた家臣等の供養を目的に、桂叔(けいしゅく)を開山として、1611年に創建しました。

狭い境内ではありますが、手入れの行き届いた素敵なお庭を持つお寺ですので、近くを通りかかった際には是非、立ち寄ってみて下さいね。

MEMO

豊臣秀次

豊臣秀吉の甥にあたる。

秀吉の嫡男、鶴松が死去したため、秀吉の養子となり家督を継ぎ、関白にまで上りつめた。

ところが秀吉が淀殿との間に嫡男、秀頼を授かったことから、風向きが変わってくる。

あらぬ謀反の疑いから、出家させられ、高野山に幽閉されることに。

ついには、切腹を命じられ、三条河原で晒し首にされるという非業の死を遂げた。

瑞泉寺のアルバム

瑞泉寺前の石碑。

豊臣秀次公の墓の文字が刻まれています。

秀頼公が晒し首にされた三条河原は目と鼻の先。

ここほど秀頼公の供養の場所として適した場所はないでしょう。

瑞泉寺前の石碑

境内。

決して広くはありませんが、手入れの行き届いたお庭です。

瑞泉寺境内

本堂。

かつて、秀頼公たちの塚があった場所に建てられているそうです。

中にはご本尊の阿弥陀如来が安置されています。

瑞泉寺本堂

豊臣秀頼公のお墓です。

六角形の無縁塔の下の石櫃には秀頼公の御首が納められているそうです。

石櫃にはかつて、秀次悪逆という文字が刻まれていたそうですが、その後、削り取られています。

何の罪もない者を自分の都合で悪者に仕立て上げて殺してしまう。

権力と言うものの恐ろしさを感じずにはいられません。

本当に無念だったことでしょう。

豊臣秀頼の墓

宝篋印塔(ほうきょういんとう)。

江戸時代中期に建てられたものです。

秀次公と一族郎党の供養を目的に建てられたものと言われています。

引導地蔵(いんどうじぞう)。

引導とは人を仏道へと導くこと、あるいは浄土へと導くことを言います。

秀頼公とそのご一族を無事、浄土へと導いて欲しいとの願いを込めて建立されたのでしょう。

セメントで塗りつぶされた菊花紋の瓦。

廃仏毀釈運動が盛り上がった時に菊花紋の瓦が、そのまま破壊されてしまうことがないように寺側が天皇家に配慮して塗り潰したものと考えられているそうです。

瑞泉寺境内のセメントで塗り潰された菊花紋の瓦

瑞泉寺の基本情報

瑞泉寺の基本情報は以下の通りです。

瑞泉寺
山号慈舟山(じしゅうざん)
宗派浄土宗
創建1611年
開基・開山桂叔(けいしゅく)
所在地京都府京都市中京区木屋町三条下ル石屋町114-1
電話番号075-221-5741
アクセス①京都駅より市バス17、37、205乙系統乗車、河原町三条下車。
乗車時間12分、徒歩3分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、烏丸御池駅下車、乗車時間6分。
烏丸御池駅より地下鉄東西線乗車、三条京阪駅下車、乗車時間4分、徒歩5分。
拝観時間7時~17時
拝観料金無料
ご本尊阿弥陀如来

瑞泉寺の所在地図

赤色のマークが瑞泉寺の所在地となります。

同時に回りたい瑞泉寺近くのお寺と神社

・白山神社(はくざんじんじゃ)

・本能寺(ほんのうじ)

・誓願寺(せいがんじ)

・誠心院(せいしんいん)

・矢田寺(やたじ)

・蛸薬師堂(たこやくしどう・永福寺(えいふくじ))

・錦天満宮(にしきてんまんぐう)

・染殿院(そめどのいん)

・檀王法林寺(だんのうほうりんじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です