雲林院

雲林院

雲林院(うんりんいん)は北区紫野にある大徳寺の塔頭寺院です。

淳和天皇(じゅんなてんのう・在位823年~833年)が紫野に造営した離宮、紫野院がその起源とされています。

その後、紫野院は仁明天皇(にんみょうてんのう)、さらにはその息子、常康親王(つねやすしんのう)へと引き継がれ、同親王の出家後、遍昭(へんじょう)に与えられ、雲林院と号する寺となりました。

もともとは天台宗の大寺院だったそうですが、徐々に衰微。

鎌倉時代の末期、後醍醐天皇の御代に大徳寺の塔頭となり、復興されることになります。

その後、応仁の乱によって、堂宇を失い、寺の歴史は途絶えます。

今の雲林院は1707年に寺の名を引き継ぐ形で再興されたものだそうです。

雲林院のアルバム

山門。

山門

観音堂。

十一面千手観世音菩薩像がお祀りされています。

こちらは1707年の再建です。

庫裏。

庫裏。

手水所。

手水所

紫雲弁財天。

紫雲弁財天

地蔵堂。

地蔵堂

遍昭の歌碑。

刻まれているのは古今集におさめられ、百人一首にも取り上げられている、この歌です。

「天つ風(あまつかぜ) 雲の通ひ路(かよひじ) 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ」

意味は、「天の風よ、雲の中の通り道を吹き閉じておくれ。をとめ(天女)たちの美しい姿を今しばらく、この地にとどめておきたいので。」といったところでしょうか。

遍昭の歌碑

雲林院の基本情報

雲林院の基本情報は以下の通りです。

雲林院
山号
宗派臨済宗
創建9世紀末
開基・開山遍昭(へんじょう)
所在地京都府京都市北区紫野雲林院町23
電話番号075-431-1561
アクセス①京都駅より市バス101、205甲、205乙、206乙系統乗車、大徳寺前下車。
乗車時間45分、徒歩1分。
②京都駅より市バス9系統乗車、北大路堀川下車。
乗車時間30分、徒歩6分。
③京都駅より地下鉄烏丸線乗車、北大路駅下車。
乗車時間14分、徒歩16分。
拝観時間
拝観料金境内自由拝観
ご本尊十一面千手観世音菩薩

雲林院の所在地図

赤色のマークが雲林院の所在地となります。

雲林院同時に参りたい阿弥陀寺近くのお寺と神社

・大徳寺(だいとくじ)

・今宮神社(いまみじんじゃ)

・建勲神社(けんくんじんじゃ)

・玄武神社(げんぶじんじゃ)

・上品蓮台寺(じょうぼんれいんだいじ)

・水火天満宮(すいかてんまんぐう)

・本法寺(ほんぽうじ)

・妙覚寺(みょうかくじ)

・妙顕寺(みょうけんじ)

・妙蓮寺(みょうれんじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です