水火天満宮

水火天満宮

水火天満宮(すいかてんまんぐう)は上京区、鞍馬口通から堀川通を南に200メートルほど下ったところに鳥居のある神社です。

923年、醍醐天皇の勅願により、菅原道真の霊を鎮め、水難、火難を防ぐという目的で建立されました。

もともとは堀川通の西側の上天神町にありましたが、1952年堀川通の拡張に伴い、現在地に移転。

なお、水火天満宮は

①天皇によりはじめて天満宮と名乗ることが許された

②はじめて菅原道真の御魂を勧請して建立された

などという史実から「日本最初の天満宮」であると言われているそうです。

水火天満宮のアルバム

堀川通沿いにある鳥居。

木々の中に埋もれていて、うっかりしていると見過ごしてしまいそうです。

水火天満宮の鳥居

拝殿。

堀川通沿いの鳥居から入って正面の突き当りにあります。

水火天満宮の拝殿

本殿。

見ての通り拝殿とつながっています。

お祀りされているのは当然、菅原道真公です。

本殿の両脇にお祀りされている大きな人形が目を引きますね。

何の人形なのか調べてみたのですが、残念ながら詳細はわかりませんでした。

水火天満宮の本殿

秋葉社。

秋葉大神=火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)がお祀りされています。

なお、秋葉大神は火除けのご利益があるとされていますので、こちらの神社の末社としてはピッタリですね。

水火天満宮の秋葉社

白太夫社。

白太夫(しらだゆう)とは、菅原道真に仕えた元伊勢神宮宮司の度会春彦(わたらいはるひこ)のことです。

天満宮ではよく、お祀りされていますね。

水火天満宮の白太夫社

金玉龍王、玉姫弁財天、福寿大明神の三柱のお社。

それぞれ、雨請い、芸能・技芸上達、商売繁盛のご利益があると言われています。

金玉龍王、玉姫弁財天、福寿大明神の三柱のお社

玉子神石(たまごじんせき)。

安産のご利益があるとされています。

水火天満宮の玉子神石

六玉稲荷大明神社。

商売繁盛はもちろんのこと、開運や就業成就、縁結びのご利益などもあると言われています。

水火天満宮の六玉稲荷大明神社

登天石(とうてんせき)。

法性坊尊意(ほっしょうぼうそんい)が水害を鎮める祈祷をした際に菅原道真公がこの石の上に降臨したと伝えられています。

なお、登天石の右後方に見えている松の木は菅公影向松(かんこうようごうまつ)と言って、同じく、道真公、降臨の言い伝えがあります。

水火天満宮の登天石と影向松

社務所内部。

社務所はごく普通の民家のような建物です。

こちらでも何かお祀りされているようですが、詳細はわかりません。

水火天満宮の社務所内部

手水所。

水火天満宮の手水所

児童公園側の鳥居。

水火天満宮の児童公園側の鳥居

扇町児童公園。

参拝した当日も公園では子供たちが大変、元気よく、遊んでいました。

(子供が映っていないのは子供がいないところを狙って、撮っているからです。)

道真公も目を細めて、見守られていることと思います。

水火天満宮の基本情報

水火天満宮の基本情報は以下の通りです。

水火天満宮
所在地京都府京都市上京区堀川通上御霊前上る扇町722-10
電話番号
075-451-5057
アクセス①京都駅より市バス9系統乗車、天神公園前下車。
乗車時間28分、徒歩2分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、鞍馬口駅下車。
乗車時間12分、徒歩13分。
拝観時間特に定めなし
拝観料金無料
創建923年
ご祭神菅原道真(すがわらみちざね)

水火天満宮の所在地図

赤色のマークが水火天満宮の所在地となります。

同時に参りたい水火天満宮近くのお寺と神社

・妙覚寺(みょうかくじ)

・妙顕寺(みょうけんじ)

・妙蓮寺(みょうれんじ)

・宝鏡寺(ほうきょうじ)

・本法寺(ほんぽうじ)

・興聖寺(こうしょうじ)

・建勲神社(けんくんじんじゃ)

・大徳寺(だいとくじ)

・今宮神社(いまみじんじゃ)

・白峯神宮(しらみねじんぐう)

・上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です