須賀神社

須賀神社

須賀神社(すがじんじゃ)は左京区、東大路通から春日北通を東に400メートルほど入ったところにある神社です。

1142年、美福門院(びふくもんいん・74代鳥羽天皇の皇后)が建立した歓喜光院(かんぎこういん・応仁の乱で消滅)という寺の鎮守社として創建されました。

もともとは今は平安神宮の境内になっている西天王塚(にしてんのうづか)にあったそうですが、その後、吉田神楽岡(よしだかぐらおか)に移転。

現在地には1924年に移ってきました。

1964年には、もともとお祀りしていた五柱のうち、久那斗神(くなどのかみ)・八街比古神(やちまたひこのかみ)・八街比売神(やちまたひめのかみ)の三柱を分祀して交通神社を創建。

2005年の火災後に再建された本殿では向かって右手で須賀神社を向かって左手で交通神社を、それぞれお祀りしています。

なお、須賀神社は聖護院一体の産土神(うぶすながみ・その土地とその土地に生まれた者を守って下さる神様)とされていて、地域の方々の信仰はことさらに厚いそうです。

須賀神社のアルバム

境内。

非常にさっぱりとした雰囲気。

決して広くはありません。

須賀神社の境内

本殿。

2005年以降に再建された非常に新しい建物です。

鳥居の神額のとおり、向かって右手に須賀神社、向かって左手に交通神社をお祀りしています。

須賀神社と交通神社の関係に関しては、どちらかが摂社、もしくは末社ということではなく、それぞれの神社が主祭神としてお祀りされているそうです。

ちょっと、他では聞いたことのない話ですね。

鳥居の前には「聖護院町氏神」と記された石碑があります。

上でも触れたとおり須賀神社は聖護院一体の産土神様とされています。

なお、お守りなどを頂ける受付は本殿の右手奥の方にあります。

本殿

社務所でしょうか。

それとも神職のお住い?

玄関前の松が、なんかすごいです。

松ってこんなに真っすぐ生えるものなんでしょうか。

社務所

手水所。

水は出ていませんが。(-_-;)

ひょっとして平日は閉栓してるんでしょうか?

そんなバカな。(笑)

手水所

須賀神社の基本情報

須賀神社の基本情報は以下の通りです。

須賀神社
所在地京都府京都市左京区聖護院円頓美町1
電話番号
075-771-1178
アクセス①京都駅より市バス206甲系統乗車、熊野神社前下車。
乗車時間29分、徒歩5分。
②京都駅より市バス100系統乗車、岡崎道下車。
乗車時間29分、徒歩6分。
拝観時間9時~17時
拝観料金無料
創建1142年
ご祭神素戔嗚尊(すさのおのみこと)・櫛稲田比売命(くしいなだひめのみこと)
久那斗神(くなどのかみ)・八街比古神(やちまたひこのかみ)
八街比売神(やちまたひめのかみ)
行事2月3日、節分祭
烏帽子をかぶり、布で顔を隠した姿の懸想文売り(けそうぶみうり)
から懸想文を購入し、大切に保管すると良縁に恵まれるという。
※懸想文とはラブレターのこと。

須賀神社の所在地図

赤色のマークが須賀神社の所在地となります。

同時に参りたい須賀神社近くのお寺と神社

・聖護院(しょうごいん)

・積善院凖提堂(しゃくぜんいんじゅんていどう)

・熊野神社(くまのじんじゃ・京都熊野神社)

・平安神宮(へいあんじんぐう)

・岡崎別院(おかざきべついん)

・岡崎神社(おかざきじんじゃ)

・金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

・真如堂(しんにょどう・真正極楽寺(しんしょうごくらくじ))

・吉田神社(よしだじんじゃ)

・妙伝寺(みょうでんじ)

・寂光寺(じゃっこうじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です