尚徳諏訪神社

尚徳諏訪神社

尚徳諏訪神社(しょうとくすわじんじゃ)は下京区にある小さなお社です。

桓武天皇の命を受けた征夷大将軍、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が蝦夷(東北地方)平定で大いに戦果をあげたことに感謝し、信州(今の長野県)の諏訪大明神の分霊を勧請し、お祀りしたのが、その起源と言われています。

以来、幾度となく、社殿が荒れることがありましたが、その度に源義経や足利義満、徳川幕府などの武家によって復興されてきました。

尚徳諏訪神社のアルバム

街並みに溶け込む小さな、小さなお社。

境内の掃除の行き届き方や奉納されている提灯の数の多さなどから、今も地域の方に非常に大事にされている神社であることがわかります。

尚徳諏訪神社のお社

ご利益は健康と家内安全、商売繁盛。

時代とニーズに合わせて神様のご利益も変わっていくということなのでしょう。

(諏訪大明神(建御名方神(たけみなかたのかみ))は、もともとは狩猟や農耕の神様。

やがて武家の信仰を集めて武神として崇められるようになりました。)

尚徳諏訪神社の看板

尚徳諏訪神社は目の前を通り過ぎても気づけないくらいに場所がわかりにくいです。

鳥居も小さく、色合いもシックですからね。

アバウトにしか場所がわかっていないと99%たどりつけませんので、グーグルマップなどで、しっかりと場所を特定した上で参拝されることをおすすめします。

私も結局、場所がわからず近所の人に教えて頂きました。

尚徳諏訪神社の基本情報

尚徳諏訪神社の基本情報は以下の通りです。

尚徳諏訪神社
所在地京都府京都市下京区下諏訪町
電話番号
075-361-8981
アクセス①京都駅より地下鉄烏丸線乗車、五条駅下車。
乗車時間2分、徒歩4分。
②京都駅より市バス5、26、73系統乗車、烏丸六条下車。
乗車時間5分、徒歩4分。
拝観時間定めなし
拝観料金無料
創建9世紀はじめごろ
ご祭神建御名方神(たけみなかたのかみ)
八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)

尚徳諏訪神社の所在地図

赤色のマークが尚徳諏訪神社の所在地となります。

同時に参りたい尚徳諏訪神社近くのお寺と神社

・西本願寺(にしほんがんじ)

・興正寺(こうしょうじ)

・東本願寺(ひがしほんがんじ)

・文子天満宮(あやこてんまんぐう)

・長講堂(ちょうこうどう)

・蓮光寺(れんこうじ)

・上徳寺(じょうとくじ)

・市比賣神社(いちひめじんじゃ)

・新玉津島神社(にいたまつしまじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です