六波羅蜜寺

六波羅蜜寺

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)は東山区、松原通から六道の辻を70~80メートル下ったところにある真言宗智山派のお寺です。

創建は951年。

空也上人が開いた西光寺というお寺がこのお寺のはじまりだそうです。

977年に中信という僧が寺に入り中興、寺号を六波羅蜜寺と改めます。

その後、源氏、平氏の争いや応仁の乱などで、諸堂を幾度となく失いますが、その都度、時の権力者の助力などで再建。

1595年には天台宗から真言宗へと改宗することになります。

六波羅蜜寺のアルバム

大和大路通方面から松原通を東に進んでくると六道の辻に西国十七番札所、洛陽十五番札所、六波羅蜜寺の石碑が。

ここから南に下ります。

六波羅蜜寺の石碑

六波羅蜜寺の入口。

本堂正面の門は閉まっていますので、こちらから境内に入ることになります。

六波羅蜜寺の入口

境内では十一面観音立像が迎えてくれます。

この像はご本尊の十一面観音立像に似せて作られているのでしょうか?

なお、ご本尊の十一面観音立像(国宝)は秘仏で12年に一度の辰年にしか開帳されないそうです。

ということは次回の開帳は5年後の2024年ですね。

絶対に見逃さないようにしないと。

十一面観音立像の横にある願石。

摩尼車とは別物?

六波羅蜜寺の摩尼車

本堂。

お寺のお堂としてはあまり目にしない赤色。

1969年の解体修理の折に建立当時の姿を取り戻すべく、塗り替えられたんだとか。

非常にインパクトがあります。

1363年に大規模な修理が行われたという記録が残っていますので、建立はそれ以前ということになります。

応仁の乱で焼失しなかった、六波羅蜜寺、唯一の堂宇です。

六波羅蜜寺の本堂

本堂のアップ。

実に色鮮やかで見ていて楽しい。

造りも装飾も非常に手の込んだものです。

六波羅蜜寺本堂のアップ

弁財社。

入口を入って正面にあります。

こちらでお祀りされているのは福寿弁財天。

都七福神の一番札所になっています。

六波羅蜜寺の弁財社

境内の北側にあるお堂。

迎鐘の文字が見えます。

お精霊さんをお迎えする時の鐘のことでしょうか。

ここは六道の辻のすぐそばですもんね。

中を覗いたのですが、梵鐘はありませんでした。

やや、スッキリしない。

六波羅蜜寺の境内北側のお堂

境内北側のお堂の中に入ってきました。

銭洗い弁財天と水掛不動尊。

六波羅蜜寺の銭洗い弁財天と水掛不動尊

そのお隣には二体の水子地蔵尊。

どちらも非常に優しいお顔をされています。

六波羅蜜寺の水子地蔵尊

なで牛。

天神さんでよく見かけるものに比べるとやや雄々しい感じ。

痛いところ、辛いところを撫でて下さいとのことです。

六波羅蜜寺のなで牛

手水所。

入口を入ってすぐ右手にあります。

ものすごく清潔な雰囲気。

六波羅蜜寺の手水所

平清盛の塚。

そう言えば、六波羅蜜寺は平家ゆかりのお寺でしたね。

六波羅蜜寺の平清盛の塚

阿古屋塚(あこやづか)。

阿古屋とは平家の侍大将、平景清(たいらのかげきよ・藤原景清)の愛人であった遊女のことです。

歌舞伎の演目「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」における坂東玉三郎の当たり役として非常に有名です。

六波羅蜜寺の阿古屋塚

弁財天社の向こう側に見える建物は地図上では「客殿」とされています。

宿泊施設のようにも見えるのですが、違うのかな?

ご存知の方、いらっしゃったら教えて下さい。

六波羅蜜寺の客殿

おみくじの奉納所。

ついさっきまで修学旅行生が列になって、おみくじを結んでました。

六波羅蜜寺には重要文化財を数多く収蔵する宝物館があるため、修学旅行生が多いのかもしれません。

六波羅蜜寺のおみくじ奉納所

弁財天社の絵馬の奉納所。

弁財天さんは金運、学業成就、縁結びなどご利益の多い神様。

ついつい色々とお願いしたくなるのかもしれませんね。

六波羅蜜寺の絵馬の奉納所

六波羅蜜寺の基本情報

六波羅蜜寺の基本情報は以下の通りです。

六波羅蜜寺
山号補陀洛山(ふだらくさん)
宗派真言宗
創建951年
開基・開山空也(くうや)
所在地京都府京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町
アクセス①京都駅より市バス100、206甲、急行110系統乗車、清水道下車。
乗車時間14分、徒歩6分。
②京阪清水五条駅より徒歩8分。
③阪急京都線河原町駅より徒歩13分。
拝観時間8時~17時
拝観料金宝物館拝観料
大人600円、中学生~大学生500円、小学生400円
ご本尊十一面観音
寺宝国宝;木造十一面観音立像
重要文化財;本堂・木造空也上人立像ほか
行事1月1日~3日、皇服茶(おうぷくちゃ・健康を祈願してお茶を頂く)
2月3日、節分会追儺式(せつぶんえついなしき)
8月8日~10日、萬燈会(まんどうえ・七難即滅、七福即生を祈願)

六波羅蜜寺の所在地図

赤色のマークが六波羅蜜寺の所在地となります。

同時に参りたい六波羅蜜寺近くのお寺と神社

・西福寺(さいふくじ)

・六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

・安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)

・建仁寺(けんにんじ)

・恵美須神社(えびすじんじゃ)

・八坂神社(やさかじんじゃ)

・高台寺(こうだいじ)

・法観寺(ほうかんじ)

・八坂庚申堂(やさかこうしんどう・金剛寺(こんごうじ))

・安祥院(あんしょういん)

・方広寺(ほうこうじ)

・豊国神社(とよくにじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です