蓮光寺

蓮光寺

蓮光寺は下京区、富小路通沿い、長講堂の北側にあるお寺です。

もともとは天台宗のお寺でしたが、豊臣秀吉による天正地割の際に当地にうつり、開基、真盛のお弟子さん玉誉が浄土宗に改めました。

蓮光寺前に設置されている看板には、2つの不思議なお話が紹介されています。

ここでは、そのうちの一つをごく簡単に紹介しておきますね。

ある時、鎌倉時代を代表する仏師、快慶が東国の僧に請われて阿弥陀如来を彫りました。

彫りあがった阿弥陀如来は会心の出来。

そのため快慶は手放したくなくなってしまって、一旦は引き渡した阿弥陀如来を求めて、僧のあとを追いかけたんですって。

で、山科で無事、僧に追いつき、僧が阿弥陀如来が入っている箱を開いたところ、阿弥陀如来が2体に分身していたそうです。

その奇跡を喜んだ快慶と僧はそれぞれ一体づつを背負って持ち帰り、その折に快慶が持ち帰ったのが、蓮光寺のご本尊となっている阿弥陀如来なんだとか。

この伝承が蓮光寺の山号「負別山」の由来にもなっているわけです。

快慶が生きた時代とお寺が創建された時代に開きがあるので、真偽のほどは、わかりませんが、非常に興味深い話ですよね。

ちなみにもう一つの駒止地蔵のお話も、これに負けず劣らず、不思議なお話です。

是非、実際に蓮光寺に参って、看板でその内容を確認してみて下さいね。

蓮光寺アルバム

それほど、広い境内ではありませんが、隅々にまで気持ちが行き届いている「絵になるお寺」です。

右手に見えている木の看板に二つの不思議なお話が紹介されています。

蓮光寺の正面

三門から境内をのぞき見。

正面に見えているのが、おそらく本堂でしょう。

この時期はどちらのお寺でもつづじが咲いていて、お庭のいいアクセントになってますね。

蓮光寺の境内

蓮光寺の基本情報

蓮光寺の基本情報は以下の通りです。

蓮光寺
山号負別山(ふべつざん、おいわけざんとも言う)
宗派浄土宗
創建1492年
開基・開山真盛(しんせい)
所在地京都市下京区富小路通六条上る本塩竈町534
電話番号075-351-3066
アクセス①京都駅より市バス4、17、205甲系統乗車、河原町正面下車。
乗車時間6分、徒歩3分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、五条駅下車。
乗車時間2分、徒歩9分。
拝観時間境内の参拝には個別に許可を受ける必要がある。
本尊拝観には予約が必要。
拝観料金本尊拝観1000円
ご本尊阿弥陀如来
寺宝本尊阿弥陀如来(負別如来・快慶作と伝えられる)
駒止地蔵尊(こまどめじぞうそん)

蓮光寺の所在地図

赤色のマークが蓮光寺の所在地となります。

同時に参りたい蓮光寺近くのお寺と神社

・東本願寺(ひがしほんがんじ)

・文子天満宮(あやこてんまんぐう)

・長講堂(ちょうこうどう)

・上徳寺(じょうとくじ)

・市比賣神社(いちひめじんじゃ)

・尚徳諏訪神社(しょうとくすわじんじゃ)

・新玉津島神社(にいたまつしまじんじゃ)

・因幡堂(いなばどう・平等寺(びょうどうじ))

・佛光寺(ぶっこうじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です