新玉津島神社

新玉津島神社

新玉津島神社(にいたまつしまじんじゃ)は下京区、烏丸通から松原通りを西に50メートルほど入ったところにある小さなお社です。

藤原定家(ふじわらていか)のお父さん、藤原俊成(ふじわらとしなり)が後鳥羽天皇の勅命を受けて和歌浦の玉津島神社(たまつしまじんじゃ)に祀られている和歌の神様、衣通姫(そとおりひめ)を勧請し、お祀りしたのが起源とされています。

今でも短歌や俳句、 文章の上達を願う人から厚い信仰を集めているそうです。

MEMO

藤原定家・・・歌人、小倉百人一首、新古今和歌集の選者

藤原俊成・・・歌人、千載和歌集の選者

衣通姫・・・和歌三神の一人。

衣を通して輝きは放つほど、美しかったことから、こう呼ばれた。

新玉津島神社のアルバム

間口4メートルあるかないかの狭い境内に入ると右手には摂社が2つ並んでいます。

この広さで摂社が2つもあるというのはすごい。

正面に見えているが本殿でしょうか?

新玉津島神社境内

さらに進むと神社の全容がわかりました。

本殿かと思ったものは拝殿のようなものだったようです。

境内が奥の方で少し広くなっていて、その広くなっている場所に本殿がありました。

昔はもう少し境内が広くて、右側の現在、ビルが建っている場所の方向から参拝することができたのではないでしょうか。

新玉津島神社本殿

新玉津島神社の基本情報

新玉津島神社の基本情報は以下の通りです。

新玉津島神社
所在地京都府京都市下京区烏丸通松原西入ル玉津島町309
電話番号
なし
アクセス①京都駅より地下鉄烏丸線乗車、五条駅下車。
乗車時間2分、徒歩6分。
②京都駅より市バス5、26、73系統乗車、烏丸五条下車。
乗車時間7分、徒歩5分。
拝観時間定めなし
拝観料金無料
創建1186年
ご祭神衣通姫

新玉津島神社の所在地図

赤色のマークが新玉津島神社の所在地となります。

同時に参りたい新玉津島神社近くのお寺と神社

・東本願寺(ひがしほんがんじ)

・尚徳諏訪神社(しょうとくすわじんじゃ)

・菅大臣神社(すがだいじんじんじゃ)

・因幡堂(いなばどう・平等寺(びょうどうじ))

・佛光寺(ぶっこうじ)

・西本願寺(にしほんがんじ)

・文子天満宮(あやこてんまんぐう)

・長講堂(ちょうこうどう)

・蓮光寺(れんこうじ)

・上徳寺(じょうとくじ)

・市比賣神社(いちひめじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です