高桐院

高桐院

高桐院(こうとういん)は北区紫野にある大徳寺の塔頭寺院です。

1601年に細川忠興(ほそかわただおき・細川三斎)が父、細川藤孝(ほそかわふじたか・細川幽斎)の菩提を弔うべく、叔父にあたる玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)を開山として創建しました。

境内には細川忠興とその妻、細川ガラシャの墓となっている灯籠のほか、細川家歴代当主の墓があり、細川家の菩提寺となっています。

※高桐院は2017年6月9日より、本堂屋根瓦葺き替え並びに耐震補強工事のため、拝観を休止していましたが、2019年の秋ごろに拝観の再開を予定しています。

拝観に行かれる際には電話等で事前確認をして頂くのが無難です。

高桐院のアルバム

表門へと至る道。

手入れの行き届いた松が出迎えてくれます。

表門へと至る道

表門。

まあ、なんと風情のある。

絶妙な緑のバランス。

表門

表門から覗く境内。

この小道を右に折れた先の風景を見てみたい!

知人から事前に「たぶん今、高桐院、見られへんよ。」と聞いていたので覚悟はしていましたが、ここまで見るだけでもかなり、魅力を感じるお寺なので殊更に残念に思いました。

次回こそは是非、拝観したいなあ。

晩秋にリベンジ。

表門から覗く境内

高桐院の基本情報

高桐院の基本情報は以下の通りです。

高桐院
山号大徳寺塔頭
宗派臨済宗
創建1601年
開基・開山細川忠興(三斎)、玉甫紹琮
所在地京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1
電話番号075-492-0068
アクセス①京都駅より市バス205甲、205乙、206乙系統乗車、船岡山下車。
乗車時間33分、徒歩4分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、北大路駅下車。
乗車時間13分、徒歩23分。
拝観時間9時~16時
拝観料金400円
ご本尊釈迦如来
寺宝国宝;山水図(李唐作)
重要文化財;牡丹図(銭選(せんせん)作)
稲葉良籌(いなばりょうちゅう)像(古岳宗亘(こがくそうこう)作)

高桐院の所在地図

赤色のマークが高桐院の所在地となります。

同時に参りたい高桐院近くのお寺と神社

・大徳寺(だいとくじ)

・黄梅院(おうばいいん)

・孤篷庵(こうほうあん)

・聚光院(じゅこういん)

・真珠庵(しんじゅあん)

・大仙院(だいせんいん)

・芳春院(ほうしゅんいん)

・龍源院(りゅうげんいん)

・龍光院(りゅうこういん)

・建勲神社(けんくんじんじゃ)

・今宮神社(いまみじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です