興臨院

興臨院

興臨院(こうりんいん)は北区紫野にある大徳寺の塔頭寺院です。

大永年間(1521年~1528年)頃に畠山義総(はたけやまよしふさ・能登(現在の石川県北部)の戦国大名)が大徳寺86世住持の仏智大通禅師(ぶっちたいつうぜんし)を開山として創建しました。

(興臨院という寺号は畠山義総の法名です。)

畠山氏衰退後は、同じく能登を領地とした加賀藩藩主、前田利家の庇護を受けることとなり、現在は前田家の菩提寺にもなっています。

興臨院のアルバム

表門。

創建当時から残る唯一の建物で重要文化財に指定されています。

表門

前庭。

前庭

唐門。

木で隠れてしまってわかりにくですが檜皮葺の唐破風屋根のついた非常に立派な門です。

方丈の玄関部分として、重要文化財に指定されています。

庫裏。

見た目にもかなり新しい建物だと思われます。

庫裏

庫裏の内部。

方丈の側から玄関方向を撮影したものです。

庫裏の内部

方丈庭園。

1978年に中根金作氏(なかねきんさく・昭和の小堀遠州と呼ばれる造園家)によって復元されたものです。

方丈庭園

方丈西側の庭園。

方丈西側の庭園

琴爪塚。

古くなった琴爪を供養するためのものですね。

付喪神(つくもがみ)が信じられ、物が大切にされた時代には、こういったものが、あちこちにあったのかもしれませんね。

琴爪塚

琴心塔。

琴心塔

境内北西の角にある小さな祠。

おそらく鎮守社かと思います。

鎮守社

方丈北側の庭園。

方丈北側の庭園

涵虚亭(かんきょてい)。

茶室ですね。

1928年に建立されたものです。

涵虚亭

庫裏、方丈、涵虚亭に囲まれた中庭。

渡り廊下は涵虚亭へと通じるものです。

中庭

涵虚亭の方から見た中庭。

右手の建物が方丈。

左手の建物が庫裏になります。

中庭2

方丈そのものの写真がなくてすいません。

庭園以外の撮影が禁止されているもので。

方丈を見てみたいという方は秋の特別拝観時に是非、実際に足を運んでみて下さい。

興臨院さんは、十分にその価値のあるお寺ですよ!

興臨院の基本情報

興臨院の基本情報は以下の通りです。

興臨院
山号大徳寺塔頭
宗派臨済宗
創建大永年間(1521年~1528年)頃
開基・開山畠山義総・仏智大通禅師
所在地京都府京都市北区紫野大徳寺町80
電話番号075-491-7636
アクセス①京都駅より市バス9系統乗車、北大路堀川下車。
乗車時間30分、徒歩7分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、北大路駅下車。
乗車時間13分、徒歩15分。
拝観時間通常非公開
※特別公開時は10時から16時30分頃(冬場は16時まで)
拝観料金特別公開時は大人600円、中高生400円、小学生300円
(小学生は要保護者同伴)
ご本尊釈迦如来
寺宝重要文化財;方丈(本堂)、表門

興臨院の所在地図

赤色のマークが興臨院の所在地となります。

同時に参りたい興臨院近くのお寺と神社

・大徳寺(だいとくじ)

・龍源院(りゅうげんいん)

・黄梅院(おうばいいん)

・大仙院(だいせんいん)

・雲林院(うんりんいん)

・今宮神社(いまみやじんじゃ)

・建勲神社(けんくんじんじゃ)

・上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)

・玄武神社(げんぶじんじゃ)

・水火天満宮(すいかてんまんぐう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です