首途八幡宮

首途八幡宮

首途八幡宮(かどではちまんぐう)は上京区、智恵光院通から今出川通を西に100メートルほど入ったところに鳥居を構える神社です。

もともとは内野八幡宮という名称だったのですが源義経が奥州藤原氏のもとへと出立する際に道中の安全を祈願したことから「かどで」のお社ということで首途八幡宮(かどではちまんぐう)と呼ばれようになったそうです。

(一説には平家討伐の「かどで」であったとも言われています。)

そのため、武芸の上達や旅の安全のご利益のある神社として信仰を集めています。

首途八幡宮のアルバム

鳥居をくぐると北に向かって、細く長く続く参道。

ちなみに右手に屋根が見えている建物は社務所で、当日は習字教室か何かをやっているようでした。

首途八幡宮の境内参道

参道の途中の石碑。

そう、ここはあの源義経が奥州へと赴く際に道中の安全を祈願した「かどで」の神社なのです。

当時、奥州への旅は決して安全なものではなかったはず。

16歳の若武者にすれば、決意の「かどで」であったに違いありません。

首途八幡宮の石碑

ニの鳥居。

随分、古いもののように見受けられます。

八幡宮と書かれた神額もかなり年季の入った感じ。

首途八幡宮のニの鳥居

三の鳥居。

ここから少し石段を上がるようです。

首途八幡宮の三の鳥居

本殿。

大分県の宇佐神宮より勧請した誉田別尊(ほむたわけのみこと・応神天皇)・比咩大神(ひめおおかみ)・息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと・神功皇后)の三柱をお祀りしています。

首途八幡宮の本殿

弁財天社の鳥居。

首途八幡宮の弁財天社の鳥居

弁財天社。

金運や財運のほか、技芸上達のご利益があります。

首途八幡宮の弁財天社

大日如来。

うっかりしていると見落としてしまいそうなぐらい非常に小さな祠です。

首途八幡宮の大日如来

手水所。

首途八幡宮の手水所

さて帰ります。

首途(かどで・門出)に相応しい、まっすぐな一本道。

義経が参拝した時も、こんな道だったのでしょうか。

首途八幡宮の参道2

首途八幡宮の基本情報

首途八幡宮の基本情報は以下の通りです。

首途八幡宮
所在地京都府京都市上京区智恵光院通今出川上ル桜井町102-1
電話番号
075-431-0977
アクセス①京都駅より市バス系統9系統、堀川今出川下車、乗車時間25分、徒歩7分
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、今出川駅下車、乗車時間10分、徒歩17分
拝観時間特に定めなし
拝観料金無料
創建不詳
ご祭神誉田別尊(ほむたわけのみこと・応神天皇)・比咩大神(ひめおおかみ)・息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと・神功皇后)

首途八幡宮の所在地図

赤色のマークが首途八幡宮の所在地となります。

同時に回りたい首途八幡宮近くのお寺と神社

・本隆寺(ほんりゅうじ)

・晴明神社(せいめいじんじゃ)

・白峯神宮(しらみねじんぐう)

・智恵光院(ちえこういん)

・釘抜地蔵(くぎぬきじぞう・石像寺(しゃくぞうじ))

・大報恩寺(だいほうおんじ・千本釈迦堂(千本釈迦堂))

・千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう・引接寺(いんしょうじ))

・妙蓮寺(みょうれんじ)

・興聖寺(こうしょうじ)

・宝鏡寺(ほうきょうじ)

・妙顕寺(みょうけんじ)

・本法寺(ほんぽうじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です