上善寺(上京区)

上善寺

上善寺は上京区、千本通から今出川通を西に50メートルほど、入ったところに山門を構える天台真盛宗(てんだいしんせいしゅう)のお寺です。

そのルーツは現在、北区鞍馬口にある同名のお寺、上善寺と同じで、上善寺が天正地割によって、鞍馬口に移転した後にもとの境内に再興されたのが、この上善寺になります。

上善寺のアルバム

山門。

今出川通の北側にあります。

ネット上の一部の地図で千本通に山門があるかのように記されているものがありますが誤りです。

今出川通からしか境内に入ることができませんので、ご注意下さい。

山門

寺号を記した石碑。

天台宗真盛派というのは天台真盛宗の旧称です。

寺号の石碑

三天合体大黒天の石碑。

んっ?三天?

三面大黒天とは別物?

※三面大黒天というのは、正面が大黒天のお顔で左右に毘沙門天と弁財天のお顔がある大黒天のことです。

三天合体大黒天

本堂。

こちらにはご本尊の阿弥陀如来が安置されています。

なお、車は庭の手入れをされていた庭師さんのものです。

参拝者が境内に駐車することはできませんので、ご注意下さい。

本堂

大師堂。

中央に三天合体大黒天(さんてんがったいだいこくてん)、左に元三大師(がんざんだいし)、右に毘沙門天(びしゃもんてん)が、それぞれお祀りされています。

元三大師というのは18代天台座主(ざす)の良源(りょうげん)ですね。

天台宗では延暦寺中興の祖として、特に崇拝されている人物です。

魔除けの護符に描かれる角大師(つのだいし)、豆大師(まめだいし)のモデルでもあります。

大師堂

庫裏。

庫裏

高倉稲荷大明神。

高倉稲荷大明神

地蔵菩薩。

大師堂の左わきでお祀りされています。

地蔵菩薩

上善寺の基本情報

上善寺の基本情報は以下の通りです。

上善寺(上京区)
山号千松山(せんしょうざん)
宗派天台真盛宗(てんだいしんせいしゅう)
創建863年
開基・開山円仁(えんにん)
所在地京都府京都市上京区南上善寺町143
電話番号075-461-5706
アクセス①京都駅より市バス6、50、101系統乗車、千本今出川下車。
乗車時間28分、徒歩2分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、今出川駅下車。
乗車時間10分、徒歩21分。
拝観時間
拝観料金
ご本尊阿弥陀如来

上善寺の所在地図

赤色のマークが上善寺の所在地となります。

同時に参りたい上善寺近くのお寺と神社

・北野天満宮(きたのてんまんぐう)

・平野神社

・大報恩寺(だいほうおんじ・千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう))

・釘抜地蔵(くぎぬきじぞう・石像寺(しゃくぞうじ))

・引接寺(いんしょうじ・千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう))

・首途八幡宮(かどではちまんぐう)

・本隆寺(ほんりゅうじ)

・雨宝院(うほういん)

・上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)

・浄福寺(じょうふくじ)

・智恵光院(ちえこういん)

・晴明神社(せいめいじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です