浄土院(上京区)

浄土院

浄土院(じょうどいん)は上京区、千本通りから今出川通を70メートルほど西に入ったところにある浄土宗の尼寺です。

創建は平安時代でもともとは天台宗のお寺でした。

浄土院には「湯たく山茶くれん寺」というちょっと変わった呼び名があります。

北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ・北野天満宮で開催された大規模な茶会)の際に、当寺に立ち寄った豊臣秀吉がお茶をもらおうとしたところ、自分のお茶の腕前に自信のなかった住職がお茶を出さずにお湯ばかりを出したことから、こんな名前をつけられたそうです。

非常に面白い話ですよね。

浄土院のアルバム

山門。

注意していなければ見過ごしてしまいそうなぐらいのこじんまりとしたお寺です。

石碑。

「豊公遺跡 湯たく山茶くれん寺 浄土院」と刻まれています。

豊公というのは豊臣秀吉公のことですね。

石碑

お地蔵様。

山門の向かって右手にあります。

結構、昔から、お祀りされていそう。

通りすがりでも思わず手を合わせたくなるような雰囲気です。

祠はどなたかの手作りでしょうか。

お地蔵様

浄土院の基本情報

浄土院の基本情報は以下の通りです。

浄土院
山号
宗派浄土宗
創建平安時代
開基・開山宗印(しゅういん)
所在地京都府京都市上京区千本西入ル南上善寺町179
電話番号075-461-0701
アクセス京都駅より市バス50、101系統乗車、千本今出川下車。
乗車時間28分、徒歩1分。
拝観時間10時~16時
※事前予約必要
拝観料金500円
ご本尊阿弥陀如来
寺宝重要文化財;阿弥陀如来坐像

浄土院の所在地図

赤色のマークが浄土院の所在地となります。

同時に参りたい浄土院近くのお寺と神社

・上善寺(じょうぜんじ)

・大報恩寺(だいほうおんじ・千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう))

・釘抜地蔵(くぎぬきじぞう・石像寺(しゃくぞうじ))

・引接寺(いんしょうじ・千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう))

・雨宝院(うほういん)

・本隆寺(ほんりゅうじ)

・首途八幡宮(かどではちまんぐう)

・白峯神宮(しらみねじんぐう)

・北野天満宮(きたのてんまんぐう)

・平野神社(ひらのじんじゃ)

・浄福寺(じょうふくじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です