本法寺

本法寺

本法寺は上京区、寺之内通から、宝鏡寺の東側の通りを100メートルほど北に上がったところに山門を構える日蓮宗のお寺です。

山号を叡昌山(えいしょうざん)といい、法華二十一ヵ寺本山の一つとされています。

立証治国論の著者で室町幕府6代将軍、足利義教(あしかがよしのり)に焼けた鍋を被るという拷問を受け「なべかむり日親」と呼ばれた日親上人(にっしんしょうにん)を開山としています。

もともとは下京区の東洞院綾小路(ひがしとういんあやのこうじ)にありましたが、天文法難などで幾度か移転。

現在地には1587年、豊臣秀吉による天正地割(てんしょうちかつ)により、移動してきました。

なお、江戸時代の芸術家、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が作庭した三巴の庭(みつどもえのにわ)を含む本法寺庭園は名庭として知られ、国の名勝にも指定されています。

※本阿弥光悦は本法寺の開基、本阿弥清信(ほんあみきよのぶ)のひ孫にあたる。

本法寺のアルバム

仁王門。

全てがうまく調和して趣のある風景。

本法寺の仁王門

仁王門の金剛力士像。

残念ながら顔が全く見えません。

本法寺、仁王門の金剛力士像

境内。

緑が多く、想像していた以上に雰囲気があります。

これはかなり期待できるかも。

参道の先に見える大きな建物は本堂でしょうか。

本法寺の境内

参道、右手にある摩利支天堂。

気力・体力・財力の守護神、大摩利支尊天がお祀りされています。

本法寺の摩利支天堂

お堂の前には狛犬の代わりに猪像が。

これは摩利支尊天が七頭の猪に乗っているものとされているからですね。

建仁寺塔頭の禅居庵と同じです。

本法寺、摩利支天堂の猪像

多宝塔。

装飾が細やかで手が込んでいる印象。

手前の木は桜ですね。

春にはさぞかし、美しい風景を見せてくれるのでしょう。

本法寺の多宝塔

本堂。

ここまで後ろに下がって、ようやく端から端まで写真に納まるぐらいの大きさ。

かなり大きいです。

こちらは天明の大火後の1797年の再建です。

ご本尊の三宝尊がお祀りされています。

なお、三宝尊というのは仏・法・僧の三宝をお祀りする仏像のことを言います。

本法寺の本堂

本阿弥光悦が植えたと伝えられる松。

自分が植えた松がこんなにも、ありがたがられることになるなんて、あの世で光悦も驚いているかもしれません。

本法寺の本阿弥光悦が植えた松

長谷川等伯像。

等伯は本法寺塔頭の教行院に住んで絵を描いていたそうですよ。

本法寺の長谷川等伯像

開山堂。

こちらも天明の大火後の再建。

日親上人がお祀りされています。

本法寺の開山堂

鐘楼。

こういう色づかいのものは初めて見たような気がします。

装飾も凝ってますね。

本法寺の鐘楼

経蔵。

こちらは天明の大火の際に焼失を免れた境内で最古の建物。

1588年の建立です。

本法寺の経蔵

唐門。

使われている紋が豊臣家の五・七・五の桐紋なんですよね。

何か関係あるのかなあ?

後ろに見えている建物は宝物館です。

本法寺の唐門

渡り廊下。

本堂と諸堂をつないでいます。

本法寺の渡り廊下

庫裏。

現在は寺務所として使われています。

拝観の受付や御朱印の授与はこちらで行われています。

本法寺の庫裏

堀川通に面した門。

仁王門に比べると場所はわかりやすいのですが、味もそっけもない感じ。

せっかくなら仁王門の方から入って頂きたいと思います。

本法寺の堀川通に面した門

おまけ。

仁王門前の通り。

表千家の不審庵(ふしんあん)などもあって、めちゃくちゃ雰囲気のある通りです。

観光客も少なく、おすすめですよ。

本法寺仁王門前の通り

本法寺の基本情報

本法寺の基本情報は以下の通りです。

本法寺
山号叡昌山(えいしょうざん)
宗派日蓮宗
創建1436年
開基・開山本阿弥清信(ほんあみきよのぶ)
日親(にっしん)
所在地京都府京都市上京区小川通寺之内上る本法寺前町617
電話番号075-441-7997
アクセス①京都駅前より市バス9系統乗車、天神公園前下車。
乗車時間約30分、徒歩3分。
②京都駅より地下鉄烏丸線鞍馬口駅下車。
乗車時間12分、徒歩13分。
拝観時間10時~16時
拝観料金大人500円
中高生300円
※春季特別寺宝展期間は料金が倍になる。
ご本尊三宝尊
寺宝紙本著色仏涅槃図(重要文化財)

本法寺の所在地図

赤色のマークが本法寺の所在地です。

同時に回りたい本法寺近くのお寺と神社

・妙覚寺(みょうかくじ)

・妙顕寺(みょうけんじ)

・妙蓮寺(みょうれんじ)

・水火天満宮(すいかてんまんぐう)

・興聖寺(こうしょうじ)

・建勲神社(けんくんじんじゃ)

・大徳寺(だいとくじ)

・雨宝院(うほういん)

・本隆寺(ほんりゅうじ)

・白峯神宮(しらみねじんぐう)

・上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です