本妙寺

本妙寺

本妙寺(ほんみょうじ)は左京区、東大路通から仁王門通を東に20メートルほど、入ったところに山門を構える日蓮宗のお寺です。

創建は1315年、日像(にちぞう)が帰依を受けた代官、渡辺氏の自宅を寺に改め、開山しました。

その後、寺は断絶しますが1574年、日典(にってん)が再興。

しかし、その堂宇も1708年、宝永の大火で焼失、1728年に日正(にっしょう)が現在地で再建することになります。

なお、当寺には赤穂四十七士の吉田忠左衛門兼亮(よしだちゅうざえもんかねすけ)、吉田沢右衛門兼貞(よしださわえもんかねさだ・吉田兼亮の長男)、貝賀弥左衛門友信(かいがやざえもんとものぶ・吉田兼亮の弟)と貝賀友信の妻、おさん(四十七士の切腹の翌年、夫の後を追うように病死した)の4名を合祀したお墓があることから「義士の寺」と呼ばれています。

本妙寺のアルバム

山門。

結構、年季が入った感じで、ところどころ、ほつれも見えます。

多少の修繕が必要なのでは?

本妙寺の山門

鬼子母善神の石碑。

日蓮宗系のお寺ではよくお祀りされています。

左側にある小さな石碑には「赤穂義士墓当山二アリ」と書かれています。

昔は今以上に赤穂浪士の人気が高く、この石碑があることで多くの参拝者を境内に引き込むことができたのでしょう。

山門前の石碑

本堂。

不思議な形の屋根。

入母屋造?

いや違うようね。

寄棟造の屋根の上に切妻造の屋根が乗っかっているような感じ。

他では見たことがありません。

本堂の真ん前に止まっている原付が当寺の今を物語っているような気がします。

本堂

庫裏。

住職の生活スペースと寺務所を兼ねているのだと思います。

かすかに人のいる気配がしました。

庫裏

祥光山荘(しょうこうさんそう)。

庫裏とつながっています。

書院的な建物でしょうか。

この角度から見ると本堂がかなり奥行きのある建物であることがわかりますね。

祥光山荘

宝物館。

義士堂と呼ばれています。

赤穂義士の遺品等が収蔵されています。

1930年に貝賀弥左衛門友信の子孫が当寺に寄贈したものだそうです。

風化の進んだ以前の合祀墓石もこの中に保管されています。

鐘楼。

仁王門通側にあります。

鐘楼

矢ツ車留吉碑。

非常に見にくいですが小さく「ツ」が入っています。(笑)

「誰やねん!」という感じですが、明治時代に京都相撲で活躍した力士らしいです。

これだけの石碑を作ってもらえるぐらいですから、相当な功労者だったのでは?

京都相撲と言われてもピンとこない方が多いと思いますが、当時はまだ相撲の全国組織がなく、都会では各地にそういう組織があったようです。

矢車留吉碑

本妙寺の基本情報

本妙寺の基本情報は以下の通りです。

本妙寺
山号祥光山(しょうこうざん)
宗派日蓮宗妙覚寺派
創建1315年
開基・開山日像(にちぞう)
所在地京都府京都市左京区北門前町490
アクセス①京都駅より市バス206甲系統乗車、東山仁王門下車。
乗車時間22分、徒歩3分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、烏丸御池駅下車、乗車時間6分。
烏丸御池駅より地下鉄東西線乗車、東山駅下車、乗車時間6分、徒歩6分。
拝観時間
拝観料金無料
ご本尊題目釈迦多宝仏

本妙寺の所在地図

赤色のマークが本妙寺の所在地となります。

同時に参りたい本妙寺近くのお寺と神社

・聞名寺(もんみょうじ)

・妙伝寺(みょうでんじ)

・頂妙寺(ちょうみょうじ)

・寂光寺(じゃっこうじ)

・要法寺(ようほうじ)

・檀王法林寺(だんのうほうりんじ)

・満足稲荷神社(まんぞくいなりじんじゃ)

・平安神宮(へいあんじんぐう)

・熊野神社(くまのじんじゃ・京都熊野神社)

・聖護院(しょうごいん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です