白山神社

白山神社

白山神社(はくざんじんじゃ)は京都市役所の道路を2本隔てて西側、御池通から麸屋町通(ふやちょうどおり)を北に100メートルほど、上がったところにある神社です。

平安時代の末期に加賀白山の僧侶がお神輿を担いで強訴(神仏の権威を頼りに朝廷に何らかの要求をすること)したものの、受け入れられず、そのまま、お神輿をほっぽり出して帰ってしまうということがありました。

その際、お神輿をほっぽり出したことによる神罰が下ることを恐れた人々が、そのお神輿をお祀りしたのが白山神社の起源だそうです。

後桜町天皇(ごさくらまちてんのう・1762年から1770年に在位した最も新しい女性天皇)の女官が後桜町天皇の歯痛の治癒を祈願したところ、歯痛がおさまったという逸話から、歯痛治癒のご利益があるとされています。

白山神社のアルバム

本殿。

写真でもわかるとおり、非常に狭い境内に社務所、本殿、摂社がギュッとした感じで立ち並んでいます。

本殿でお祀りされているのは菊理比売(くくりひめ)・伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)の三柱ですね。

ちなみに菊理比売は白山媛命(しらやまひめのみこと)ともいい、加賀の白山をはじめ、全国にある白山神社でお祀りされています。

右手に見える社務所でお願いすると後桜町天皇も頂いたという、神箸を頂くことができます。

白山神社の本殿

手水所と摂社。

摂社でお祀りされているのは、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、白菊大神(しらぎくおおかみ)、菅原道真(すがわらのみちざね・神額には天満宮と表記)の三柱です。

開運から商売繁盛、学業成就までオールラウンドにお願いできますね。

白山神社の基本情報

白山神社の基本情報は以下の通りです。

白山神社
所在地京都市中京区麩屋町通押小路下る上白山町243
電話番号
075-222-0173
アクセス①京都駅より地下鉄烏丸線乗車、烏丸御池駅下車。
乗車時間6分、徒歩10分
②京都駅より市バス17、37、205乙系統乗車、京都市役所前下車。
乗車時間18分、徒歩5分。
拝観時間不明
拝観料金無料
創建治承年間(1177年~1181年)ごろ
ご祭神菊理比売(くくりひめ)・伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)

白山神社の所在地図

赤色のマークが白山神社の所在地となります。

同時に参りたい白山神社近くのお寺と神社

・下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

・革堂(こうどう・行願寺(ぎょうかんじ))

・本能寺(ほんのうじ)

・蛸薬師堂(たこやくしどう・永福寺(えいふくじ))

・誓願寺(せいがんじ)

・誠心院(せいしんいん)

・矢田寺(やたじ)

・法雲寺(ほううんじ)

・善導寺(ぜんどうじ)

・檀王法林寺(だんのうほうりんじ)

・頂妙寺(ちょうみょうじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です