白雲神社

白雲神社

白雲神社(しらくもじんじゃ)は京都御苑内にある3つの神社のうちの一つです。

西園寺公経が北山第に建立した妙音堂がその始まりで、のちに現在の所在地である旧西園寺邸内に移ります。

明治になって西園寺家は東京に移転することになりますが、お社は当地にとどまり、以降、その名を白雲神社と変えることになりました。

白雲神社のご祭神は妙音弁財天です。

西園寺家は琵琶を家職としたいたために音楽の神様をお祀りしていたわけですね。

ちなみに妙音弁財天というのは市杵島姫命(いちきしまひめのみこと・宗像三女神の一人)のことです。

MEMO
西園寺家というのは、伊藤博文の腹心で後に自らも内閣総理大臣になった西園寺公望を輩出したお家です。

なお、西園寺公望の創立した私塾「立命館(立命館大学の前身)」も旧西園寺邸内にありました。

白雲神社のアルバム

ちょっと、迷いましたがようやく白雲神社を見つけました!

林の中にあるので、見つけにくいんですよね。

赤ののぼりがなかったら、見つけられなかったかも。

白雲神社の参道

鳥居。

なんとなく祠があるだけの小さな神社をイメージしていたのですが、結構、奥行きがありそうですね。

白雲神社の鳥居

妙音弁財天をお祀りする本殿。

幅は狭いですが、奥行きのある立派な建物です。

屋根の前の部分が大きくせり出しています。

白雲神社の本殿

本殿のアップ。

なかなかに豪華な装飾の屋根ですね。

維持管理にも結構、お金がかかりそう。

白雲神社の本殿のアップ

本殿の裏手には摂社まであります。

私の予想をはるかに超える立派な神社でした。

さすがは元西園寺家のお社です。

白雲神社の摂社

なお、白雲神社だけを参拝するつもりの時は、なるべく蛤御門(はまぐりごもん)か、下立売御門、もしくはその間の出入り口から京都御苑内に入るようにしましょう。

実は私、今回、出町柳の方に用事があって、そのついでに立ち寄ったのですが、うっかりと石薬師御門(京都御苑の北東にある御門)から御苑内に入ってしまい、えらい目に会いました。

京都御苑内の砂利道を長距離、歩くのは、疲れたきったおっさんの足にはキツイ。

タクシーか何かで蛤御門側に回り込むべきでした。

石薬師御門

どこまでも続きそうな京都御苑内の道。

本当に心が折れそうになりました。

同じ轍を踏まれませんように。

京都御苑の道

白雲神社の基本情報

白雲神社の基本情報は以下の通りです。

白雲神社
所在地京都府京都市上京区京都御苑内
電話番号
075-211-1857
アクセス①京都駅より地下鉄烏丸線乗車、丸太町駅下車。
乗車時間8分、徒歩10分。
②京都駅より市バス4、17、205甲系統乗車、荒神口下車。
乗車時間21分、徒歩13分
拝観時間6時~18時
拝観料金無料
創建1224年
ご祭神妙音弁財天(みょうおんべんさいてん・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと))
文化財・見どころ重要文化財;弁財天坐像
行事6月15日、白雲神社例祭
地域の安全を祈願する神事が行われ、狂言が奉納される。

白雲神社の所在地図

赤色のマークが白雲神社の所在地となります。

同時に参りたい白雲神社近くのお寺と神社

厳島神社(いつくしまじんじゃ)

宗像神社(むなかたじんじゃ)

護王神社(ごおうじんじゃ)

菅原院天満宮神社(すがわらいんてんまんぐうじんじゃ)

廬山寺(ろざんじ)

梨木神社(なしきじんじゃ)

本禅寺(ほんぜんじ)

清浄華院(しょうじょうけいん)

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

革堂(こうどう・行願寺(ぎょうかんじ))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です