永観堂(禅林寺)

永観堂の山門(総門)

永観堂(えいかんどう)は左京区、冷泉通から鹿ケ谷通を南に200メートルほど下ったところに山門を構える寺院で正式名称を禅林寺(ぜんりんじ)と言います。

創建は853年。

空海の弟子で真言宗の阿闍梨にもなった真紹(しんじょう)が真言宗の道場として開山しました。

(清和天皇から勅額を賜り、禅林寺と称することになるのは、開山から10年後の863年のことです。)

時を経て七世、永観(ようかん)の時に浄土念仏の道場となり、その後、正式に浄土宗に改宗。

(永観は中興の祖とされ、永観堂という名称の由来にもなっています。)

現在は浄土宗西山禅林寺派(じょうどしゅうせいざんぜんりんじは)の総本山となっています。

ごく一般的に「もみじの永観堂」と言われるほどのもみじの名所で、シーズンには、平日でも、そのもみじを一目見ようという観光客で常にごった返しています。

永観堂のアルバム

境内。

本当に紅葉の美しいお寺です。

さすがは「もみじの永観堂」と呼ばれるだけのことはあります。

しかしながら、人が多すぎる。(-_-;)

拝観するつもりで中門、近くまで行ったのですが、あまりの人の多さに嫌気がさして退散してきました。

日曜日の拝観はあまりに無謀です。

入ったところで情緒もくそもないでしょう。

せめて平日に有給でもとって拝観されることをおすすめします。

永観堂の境内

智福院前の紅葉。

こちらも十分、美しいのですが、しっかり色づくまで今しばらくといったところでしょうか。

※智福院は総門を入って左手にある塔頭寺院。

智福院

永観堂の基本情報

永観堂の基本情報は以下の通りです。

永観堂
山号聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)
宗派浄土宗西山禅林寺派(じょうどしゅうせいざんぜんりんじは)
創建853年
開基・開山真紹(しんじょう)
所在地京都府京都市左京区永観堂町48
電話番号075-761-0007
アクセス①京都駅より市バス5系統乗車、南禅寺・永観堂道下車。
乗車時間36分、徒歩4分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、烏丸御池駅下車、乗車時間6分。
烏丸御池駅より地下鉄東西線乗車、蹴上駅下車。
乗車時間8分、徒歩14分。
拝観時間9時~17時
拝観料金大人600円、小中高生400円
ご本尊阿弥陀如来
寺宝国宝;山越阿弥陀図 (やまごえあみだず)
重要文化財;阿弥陀如来像(みかえり阿弥陀)
阿弥陀二十五菩薩来迎図(あみだにじゅうごぼさつらいごうず)

永観堂の所在地図

赤色のマークが永観堂の所在地となります。

同時に参りたい永観堂近くのお寺と神社

・安楽寺(あんらくじ)

・霊鑑寺(れいかんじ)

・大豊神社(おおとよじんじゃ)

・南禅寺(なんぜんじ)

・平安神宮(へいあんじんぐう)

・岡崎別院(おかざきべついん)

・岡崎神社(おかざきじんじゃ)

・金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

・聖護院(しょうごいん)

・真如堂(しんにょどう・真正極楽寺(しんしょうごくらくじ))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です