大聖寺

大聖寺

大聖寺(だいしょうじ)は烏丸今出川を北に200メートルほど、上がったところにある臨済宗系の尼門跡寺院(代々の内親王が入られたお寺)です。

北朝の初代、光厳天皇が崩御されると、その后であった日野宣子は出家し、無相定円(むそうじょうえん)という尼になります。

その無相定円を親戚筋にあたる足利義満が花の御所内の岡松殿に住まわせたのが大聖寺の始まりだそうです。

(無相定円は義満の正室、日野業子の叔母にあたります。)

なお、現在の大聖寺の本堂は1943年に青山御所内の建物を移築したものです。

大聖寺のアルバム

烏丸通に面して建つ大聖寺の門。

目の前を同志社の学生が、ウジャウジャ通りますが、かえりみるものは一人もいません。

(もちろん、私の学生時代もそうでしたが)

人がたくさんいる場所でポツンとしている姿が余計に淋しい。

築地塀はもちろん五条。

なんと言っても正親町天皇(おおぎまちてんのう)から尼寺第一位の綸旨(りんじ)を賜った「御寺御所(おてらごしょ)」と呼ばれる門跡寺院ですから。

大聖寺の門

門をくぐると、がらんと広い前庭。

何本か気が植えられていますが、特に凝ったことはしていないようです。

築地塀の向こう側に諸堂が見えます。

見える範囲で言うと写真左端の建物が一番、大きいようです。

これが本堂なのかもしれませんね。

大聖寺の前庭

玄関。

銅板葺きの唐破風屋根ですね。

玄関扉はしっかりと閉ざされている感じ。

普段、こちらを使うことはないのでしょう。

写真右手に写っている木の向こう側に通用口みたいなものがあって、そこから御朱印だけは頂けるみたいです。

参拝はできないのに御朱印だけはくれるってどういうこと?(笑)

まあ、ブームだからね。

とりあえず、乗っかっておこうということでしょうか。

大聖寺の玄関

大聖寺の基本情報

大聖寺の基本情報は以下の通りです。

大聖寺
山号岳松山(がくしょうざん)
宗派臨済宗
創建1382年
開基・開山足利義満、無相定円尼
所在地京都府京都市上京区烏丸今出川上ル御所八幡町109
電話番号075-441-1006
アクセス①京都駅より地下鉄烏丸線乗車、今出川駅下車。
乗車時間10分、徒歩3分。
②京都駅より市バス9、101系統乗車、堀川今出川下車。
乗車時間25分、徒歩10分。
拝観時間非公開
ただし総門内には入ることができる。
ご本尊釈迦如来
寺宝重要文化財;一翁院豪像、無外如大自筆譲状

大聖寺の所在地図

赤色のマークが大聖寺の所在地となります。

同時に回りたい大聖寺近くのお寺と神社

・相国寺(しょうこくじ)

・白峯神宮(しらみねじんぐう)

・護王神社(ごおうじんじゃ)

・三時知恩寺(さんじちおんじ)

・宝鏡寺(ほうきょうじ)

・妙顕寺(みょうけんじ)

・本法寺(ほんぽうじ)

・妙蓮寺(みょうれんじ)

・水火天満宮(すいかてんまんぐう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です