仏陀寺

仏陀寺

仏陀寺(ぶつだじ)は上京区、上立売通から寺町通を北に100メートルほど、上がったところにある浄土宗西山派の寺院です。

946年、朱雀天皇(すざくてんのう)が弟の村上天皇に皇位を譲り出家、仙洞朱雀院で父、後醍醐天皇の供養を行います。

その後、朱雀天皇が崩御すると村上天皇が仙洞朱雀院をお寺とします。

これが仏陀寺のはじまりとされています。

諸堂は応仁の乱の戦火で灰燼に帰すことになりますが、土御門天皇(つちみかどてんのう)の支援により土御門西洞院にて再興し、この折、浄土宗に改宗。

1591年、豊臣秀吉の天正地割により、現在地に移ることになります。

仏陀寺のアルバム

山門。

決して大きくはありませんが、隅々まで気持ちの行き届いた美しい門です。

気品を感じます。

ただ、築地塀が左側は五条なんですけど、右側は四条なんですよね。

なぜだろう?

仏陀寺の山門

山門から覗き込んだ仏陀寺の境内。

お庭は相当、手入れをしっかりしている感じです。

ゴミどころか、葉っぱ、一枚落ちてません。

なお、事前許可があれば境内に入ることもできるようです。

仏陀寺の境内

山門の横でお祀りされている王城地祭地蔵尊(おうじょうちさいじぞうそん)。

こちらはなんと朱雀天皇と平安京の守護仏なんですって。

ガラス越しにお顔を拝見することができますので、是非とも覗き込んでみて下さい。

非常に優しいお顔をされています。

仏陀寺の王城地祭地蔵尊

仏陀寺の境内の全景です。

こうしてみると中は、そこそこ広そうですね。

写真中央あたりに少しだけ見えている屋根が本堂であると推測されます。

(違ってたらごめんなさい。)

だとすれば、こちらにご本尊の阿弥陀如来像(重要文化財)が安置されているわけですね。

機会があれば見てみたいなあ。

仏陀寺の境内全景

仏陀寺の基本情報

仏陀寺の基本情報は以下の通りです。

仏陀寺
山号なし
宗派浄土宗西山派
創建946年
ただし、寺の形を成したのを967年
開基・開山朱雀天皇・村上天皇
所在地京都府京都市上京区寺町今出川上ル鶴山町10
電話番号075-231-5686
アクセス①京都駅より市バス17、37、205乙系統乗車、河原町今出川下車。
乗車時間25分、徒歩8分。
②京都駅より地下鉄烏丸線乗車、今出川駅下車。
乗車時間10分、徒歩14分。
拝観時間参拝許可制度
拝観料金不明
ご本尊阿弥陀如来

仏陀寺の所在地図

赤色のマークが仏陀寺の所在地となります。

同時に参りたい仏陀寺近くのお寺と神社

・出町妙音堂(でまちみょうおんどう)

・幸神社(さいのかみのやしろ)

・十念寺(じゅうねんじ)

・阿弥陀寺(あみだじ・上京区)

・上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)

・西園寺(さいおんじ)

・天寧寺(てんねいじ)

・上善寺(じょうぜんじ)

・梨木神社(なしきじんじゃ)

・清浄華院(しょうじょうけいん)

・廬山寺(ろざんじ)

・相国寺(しょうこくじ)

・下鴨神社(しもがもじんじゃ・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ))

・河合神社(かわいじんじゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です