佛光寺

佛光寺御影堂門

佛光寺(ぶっこうじ)は下京区、四条烏丸からほど近いところにある真宗佛光寺派(しんしゅうぶっこうじは)の本山寺院です。

もともとは興隆正法寺という寺号のお寺でしたが、後醍醐天皇より「阿弥陀佛光寺」の勅額を頂き、佛光寺と寺号を変えました。

なお、堀川七条にある興正寺は、一度は佛光寺の十四世をついだ経豪(きょうごう・蓮教(れんきょう))が、わかれて開いたお寺であり、その意味で両寺のルーツは同じということになります。

佛光寺のアルバム

御影堂。

親鸞上人像が安置されています。

幅26.5メートル、奥行き33.1メートルという大変、立派なお堂です。

写真では暗くなっていてわかりにくいですがOLさんがお堂の前でお弁当を食べていました。

近隣の人に大変、親しまれているお寺なんだなと感じました。

佛光寺の御影堂

御影堂を別角度から。

この角度から見ると御影堂の大きさがよくわかりますね。

大きくも美しい屋根。

装飾も手がこんでいる感じがします。

佛光寺の御影堂、別角度から

阿弥陀堂。

阿弥陀如来立像や聖徳太子像が安置されています。

こちらは幅15.6メートル、奥行き21.25メートル。

やはり、かなり規模の大きいお堂です。

こちらは前でおじさんが座り込んで休憩していますね。

立派だけれど、気取らない。

佛光寺はそういうお寺なのかもしれません。

佛光寺の阿弥陀堂

境内にはかなり巨大イチョウの木があります。

高さ13.5メートル、幹回り4.56メートルもあるんだとか。

となりの手水所と比較しても、いかに大きいかがわかりますね。

佛光寺境内の巨大なイチョウと手水所

勅使門。

歴史を感じる重厚な門ですが、しっかりと閉ざされていました。

普段は使用しないようです。

佛光寺の勅使門

玄関門。

おそらく普段使いの門です。

中には工事関係者の車両が何台か止まっていました。

ちなみに阿弥陀堂門の写真を撮り忘れてしまいました。

次回は必ず。

佛光寺の玄関門

境内東側の通りからのぞむ佛光寺境内。

築地塀が仏光寺通りから高辻通りまで延々と続いています。

築地塀は五本線。

後醍醐天皇とのご縁で勅願寺に準ずるような寺格になっているのでしょうか。

佛光寺の全景

四条烏丸から数百メートルのところで、この敷地の広さ。

資産価値はいかほどのものなのか電卓を叩いてみたくなります。

すいません、職業病で下世話な話を致しました。(笑)

佛光寺の基本情報

佛光寺の基本情報は以下の通りです。

佛光寺
山号渋谷山(じゅうこくさん)
宗派浄土真宗
創建1212年
開基・開山親鸞
所在地京都府京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397番地
電話番号075-341-3321
アクセス①京都駅より地下鉄烏丸線乗車、四条駅下車。
乗車時間4分、徒歩6分。
②京都駅前より市バス5、26、101系統乗車、四条烏丸下車。
乗車時間11分、徒歩7分。
拝観時間団体参拝については9時~16時
要事前予約
拝観料金不明
ご本尊阿弥陀如来
寺宝重要文化財; 聖徳太子立像、絵系図

佛光寺の所在地図

赤色のマークが佛光寺の所在地となります。

同時に回りたい佛光寺近くのお寺と神社

・因幡堂(いなばどう・平等寺(びょうどうじ))

・菅大臣神社(すがだいじんじんじゃ)

・新玉津島神社(にいたまつしまじんじゃ)

・尚徳諏訪神社(しょうとくすわじんじゃ)

・上徳寺(じょうとくじ)

・市比賣神社(いちひめじんじゃ)

・長講堂(ちょうこうどう)

・蓮光寺(れんこうじ)

・染殿院(そめどのいん)

・錦天満宮(にしきてんまんぐう)

・六角堂(ろっかくどう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です